荒天時の休校等の基準

台風などの天候の悪化により、生徒の通学に困難や危険が生じる恐れがあるときには、原則として次のように対応します。

生徒が登校しているとき

  1. 警報、注意報の発令状況と気象予報、交通機関の状況により校長が判断する。
  2. 天候の悪化など、授業やその他の活動の打ち切りが必要と判断された場合は、生徒に状況を説明し、身の安全に気をつけて速やかに下校するよう指示する。

登校以前のとき

 神奈川県全域あるいは東部、湘南、藤沢市のいずれか、又は自宅のある地域に警報が発令されている場合、次のように対応します。


※以下の警報の扱いで「気象による災害」に該当するものは「大雨」「暴風」「大雪」の3つのみです。

「洪水」は該当しません。

判断フローチャート:以下に説明あり

判断を行う時間は次の3回です。

  • 6時30分
  • 8時30分
  • 11時

それぞれの時間に「大雨」「暴風」の2つの警報が同時に発令されている、あるいは「特別警報」か「大雪」の警報が発令されている場合は「自宅待機」になります。

「大雨」「暴風」のどちらかが発令されている、あるいは注意報だけ発令されている場合は授業が行われます。ただし、判断を行う時間によって開始時間が異なります。

  • 「6時30分」に判断を行う場合は「平常授業」
  • 「8時30分」に判断を行う場合は「2校時より授業」
  • 「11時」に判断を行う場合は「3校時より授業」

となります。よって「11時」になっても「大雨」「暴風」の2つの警報が同時に発令されている、あるいは「特別警報」か「大雪」の警報が発令されている場合は「臨時休校」になります。


最後に、どの場合も、登校する際には無理をせず、危険がないよう十分注意をしてください。


ページの先頭に戻る